準備2

DSC03095.jpg




中距離用45m未満と遠距離用45m以上

遠距離用は初めて使うので未知数



シンキングペンシル

4個あれば十分

PE0.6号 8本撚り

リーダー 安いナイロン2.5号 矢引




スポンサーサイト

準備

IMG_5798.jpg

滅多にワームは使わないが、ワームしか追わない時もあるので

今シーズン用に準備した

ダイワの回し者ではない

たまたまここ数年これのみ

理由

①品切れがない(必ずどこかのお店で売っている)

②見た目が悪いが、案外と釣れる

③汁気がない(笑)



IMG_5750.jpg

花と言えば桜だが

この時季、様々な花が見ごろだ

洋椿は艶やかな美しさで咲き誇る

花の生命力に感化され

ようやく体調が戻り始めた

しかし弱っている体力も十分自覚できる

1時間歩くと、たまらなく疲れる

すると腹が減る

飯を食う

元気が蓄積されていく

夕方になる頃にはかなり復調した

久しぶりに海に出かけた

しかしバケツの中の水道水のような透明度だ

しかも生き物の気配がない

透明=プランクトン類が極少=小魚が極少=中型魚が極少

潮の流れが弱い

期待薄であることを早々に理解した

よって魚は海底の障害物や岸壁海藻にへばりついていると予想

ワームでリフト&フォールを繰り返す

期待むなしくバイトなし

そこへ車が接近し釣り人らしき人が接近

男性「あの、釣れますか?」

小生「何もいませんわあ」

男性「そうですか、さびき隊長さんじゃないですか?」

小生「そうですか、なぜご存じですか?」

男性「五目少年です」

小生「え!!!五目少年、何歳になられましたか?」

男性「二十歳になりました」

小生「これは驚いた。大きくなられて」

五目少年13歳のイメージしかないので、すれ違ってもわからない。

五目少年からしたら、7年前の爺さんが、さらに老けているだけなので

判別可能。

時の流れの必然。

お疲れ

擦れ

IMG_5733.jpg

先行者がおられたので、奥の期待できないポイントへ

1投目から表層付近激しいアタックで良型  

ア!フックアウトうぉ

2投目から、魚たちは明らかに警戒心を抱いたようで

チェイス後離れるパターン

ちょっと深めを泳ぐプラグで、ようやく魚



IMG_5739.jpg


釣り継続していると、背後から「アノー」と男性の声がかかり

若い男性「カヤックをしておられる方ですよね・・・・」

小生「はいそうですが」

若い男性「実は僕もやってまして・・・」

小生「はいはい、キャリアを良く見かけましたので気にしていました」

ここからカヤック談義、さらにはLINE交換

良い季節には一緒に出艇を約束したのだった。

若い男性22歳、小生64歳

摩訶不思議なことではある



日没

IMG_5718.jpg

美しい落陽 言葉もないね


IMG_5721.jpg

今夜の魚は小さくて刺身も煮つけもならなくて

リリースだぜ

| NEXT≫

プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部と隠岐を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード