FC2ブログ

曼谷スケッチ2

全長46メートル、高さ15メートルの涅槃仏

P1030502.jpg

海産乾物屋なのでありますが

あたり一面立ち込める臭さは想像を絶するのであります。

あー、クサ!!
P1030495.jpg

河を渡る。泥川であります。

P1030498.jpg

ものの1分で対岸なのでありますが、多数の舟が行き交うため

ニアミスは普通であります。

ある乗客の方、舟のすれ違いの時、水がザブン、お気の毒。

接岸が甚だ手荒いですなあ。

ゴゴンドン・・・・・乗客「ワアーッ」

P1030499.jpg

遺跡

P1030500.jpg

果物屋台 看板40、ザクロ1個40バーツとは

観光客相手の高値取引でありましょう。

P1030493.jpg

スコールであります。バイクの人たちは手馴れた手つきで

ササッと透明カッパ出して着てますが

この強い雨には無力と思われます。

P1030510.jpg

タイの伝統舞踊

P1030523.jpg

焼いたエビがトッピングされたサラダ

酸っぱくておいしいのでありますが、その辛さときたら・・・

中辛で頼んだのでありますが

「痛い」す。



当然の帰結として、翌朝の出口付近は、エライことになります。

P1030526.jpg

野菜と団子のスープ

これは辛さなし、カラダに良い味でありました。

P1030525.jpg

トムヤムクン

辛酸っぱいスープ


P1030524.jpg

トゥクトゥクと呼ばれる3輪車、料金交渉制のタクシーだそうです。

P1030570.jpg


************************

2012年1月1日→10月16日までで

釣行日数170日
釣行回数221回

曼谷スケッチ1

P1030464.jpg
南下し続けて到着したのは

曼谷


バンコク

東南アジア有数の国際都市

田舎者の吾輩が数十年前都会で嗅いだ、何とも言えない匂い、まさしくソノ臭気なのである。

懐しい、青春を想起させる匂い

排気ガス、汚水、食べ物、香水、汚物、入り混じった匂い

P1030466.jpg

バンコクを走る車は日本車ばかり。

トヨタ、ホンダ、ニッサン、イスズ、マツダ

タクシーはショッキングピンク

寺院なのである。

P1030469.jpg


P1030473.jpg

P1030475.jpg


P1030477.jpg


P1030479.jpg


P1030480.jpg

P1030483.jpg


P1030488.jpg

パノラマにすると

IMG_0501.jpg



IMG_0503.jpg

さすが仏教の国

道後

四国

徳島は行ったことがある

香川も行ったことがある

高知も去年行った

残りは愛媛だな

そういう具合でしまなみ海道を南下したのだ

道中の昼食は

大三島の「大漁」という店で海鮮丼を食べる計画だった

なんでも「しまなみ海道」ではナンバー1の人気店らしい

店の前を車で通過中、驚いた

行列である

それでも食欲の虜になっている身なれば

当然行列の最後尾に

予約ノートを見てさらに驚いた

午後12時45分吾輩の前に待っている組数

は60組である。

1組3人だとして180名である。

昼の営業は午後2時30分がラストオーダーらしい

30分並んで待っていたが、夏の陽射しと熱気で

さらには30分間の出入り人数から

入店不可能と判断し

ちかくのフードコートでジャコテンのアゲモンを買って

食べた。昼食が150円だった。

腹が減ったまま一路、松山を目指した。

旅館ふなやに到着した。

甘いタルトでお茶をいただいた。

愛媛の人は甘い味を好むと聞いたことがある

お菓子は、たしかに、あまい。

近くの道後温泉本館まで散歩することに

IMG_0015.jpg

P1030310.jpg

ブラブラ歩いていると道後温泉駅に到着

P1030314.jpg

駅に貼ってあったポスターの鮨の写真が、あまりにも空腹に応えて

IMG_0018.jpg

目の前の路面電車に乗って

IMG_0019.jpg


P1030317.jpg

夕食前の腹ごしらえ、実にうまかった。

久しぶりに廻らない鮨であった。

P1030320.jpg

宿に帰るとまったなしで夕食(笑)

IMG_0020.jpg
IMG_0021.jpg
IMG_0024.jpg
IMG_0025.jpg
IMG_0026.jpg
IMG_0027.jpg
IMG_0028.jpg
IMG_0029.jpg
IMG_0030.jpg


満腹で、う、うごけませぬ

1日前

P1000517.jpg

P1000518.jpg
仁川(インチョン)空港のフードコートで

冷麺、焼肉、キムチ、オイキムチ、魚の擂り身、ブロッコリー&コチュジャン


カルビ辛スープ、カクテキ、オイキムチ、魚の擂り身、ブロッコリー&コチュジャン

おもしろかった韓国旅行

印象に残った事柄は



女性は結婚しても姓が変わらない。

背が高い!韓国で男性の平均身長は173cmを超え、女性も160cmを超えているそうです。

インスタント・ラーメン・・・韓国でラーメンといえば、インスタント・ラーメンを指すようです!

しかも「辛ラーメン」は市場独占状態のようです。

食べ方は鍋のまま箸でつつくか、フタを受け皿にして食べる。


店員は客にゆっくり品物をみさせてあげるという配慮なし。

ピタッと横についてきてアレやコレやと勧め、とにかく品物を売ろうとする傾向が強い。

9年前に比べ、走行している車がキレイになっている。

前はボコボコの車が多かった。

9年前はうねるような活力を感じたが、今回はそうでもなかった。


またチャンスがあれば行ってみたいものだが、次回はソウル以外の

街がいいかもな。






釣行日数176日 釣行回数234回
カヤック出撃3回

2日前-2

P1000472.jpg



国立民俗博物館

内部は「韓民俗生活文化史」、「生活と物資」、「韓国人の一生」の3つの展示室に分かれています。





P1000473.jpg

景福宮(けいふくきゅう、キョンボックン)は、朝鮮王朝の王宮です。

はいここが、歴史ドラマの舞台ですね。

9年前にも訪れていますが、当時は歴史に思いを馳せることはありませんでした。

この王宮は1397年には漢陽の城郭と四大城門が完成し、その後約200年間、正宮として使用され、1553年に大火

によって焼失したそうです。

1592年、豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の戦火によって全焼というフレーズ

をツアーガイドの李さんが何回も説明されました。

帰国して調べてみると(Wikipediaから転載)

朝鮮王朝の正史『朝鮮王朝実録(宣祖修正実録)』二十五年(1592年)4月14日(癸卯)条には、民衆によって略奪・放火されたと明記されており、李廷馥の『四留斎集』や李恒福の『白沙集』にもその時の様子が記されている。日本側記録『大徳寺文書』では国王が内裏に放火して逃亡したとある。また小西行長の一番隊に属した松浦鎮信の家臣『吉野甚五左衛門覚書』には「五月二日の夕くれに、都は是より一日路と聞こえし所の河バた(端)にて、都のかた詠むれバ、放火のけぶり(煙)立登り、…(中略、翌朝入京すると)…くうでん(宮殿)・ろうかく(楼閣)数々に、だいりだいり(内裏々々)に火を掛けて、上下万民ことごとく、唐国さして落ちにける」との記録がある。いずれにせよ日韓双方の記録が秀吉軍の入城を前に焼失したとしている。

まあ、直接的に火を放ったわけではなさそうだが、秀吉が来なければ焼けることは

なかった訳で、ガイドの李さんの説明は間違いとは言えませんね。

また300年後の日本統治時代に敷地内の建物の多くが破壊されたり、門が移設されたり、

李氏朝鮮以来の景福宮の景観変化と敷地への朝鮮総督府庁舎建設は独立後の韓国人にとって

歴史的屈辱の象徴とされているようです。

悲しい歴史であります。


康寧殿。王様の寝室です。
P1000475.jpg



康寧殿の後ろには王妃の寝殿である交泰殿があります。

ツアーガイドの女性の話では、王妃=中殿媽媽(チュンジャンマーマー)の文字通り、

この交泰殿は王宮の中心に位置し、

交泰とはマジワルことの意などと、直接的でわかり易い説明を賜りました。



P1000474.jpg


P1000476.jpg
勤政殿

国家の大きな儀式を挙行することや外国からの使臣を接待するなど、

景福宮の正殿だったそうです。

広い中庭は、粗削りの薄石(平たく切り出した石)が不揃いな角度で埋め込まれて造られています。

ガイドの話だと、

1 光の反射を和らげる効果

2 音響効果を上げるため

3 王の前で走れないようにするため

を狙った造りということでした。


P1000480.jpg
勤政門(クンジョンムン)
P1000481.jpg

勤政門の向こうに興礼門(フンレムン)が見えます。
P1000482.jpg
興礼門の向こうに光化門の一部が見えています。


P1000483.jpg
守門将交代儀式
P1000489.jpg
さあ、ぼちぼち腹が減ってきましたが・・・・。

明洞へ移動して昼食でした。

P1000491.jpg

参鶏湯であります。

9年前も明洞で参鶏湯を食べましたが、もっと大きな鳥だったような気がします。



P1000492.jpg

P1000493.jpg

明洞を後にして、当時の住居を復刻した地域へ移動。

P1000494.jpg
さして面白みはなく、時間つぶしのような感じでしたが・・・・・

ただ印象的だったのは、アジアの様々な国の観光客が沢山いましたね。

中国、ベトナム、インド、イスラム系、日本、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどなど

P1000495.jpg

次はカジノでした。

ここは撮影禁止でしたね。

一時5万ウォン勝っていましたが結局5万ウォン負けましたね。

日本円で3500円程度です。

中国の人々がものすごくお金を賭けてましたね、印象的でした。

P1000496.jpg

夕方は、南大門市場で自由行動。
P1000497.jpg

P1000498.jpg

P1000499.jpg

P1000500.jpg
カイコのサナギです。

吾輩はチヌ釣りの餌としてナジミはありますが

ここでは普通に、食べるようです。

缶詰もありましたね。


P1000501.jpg

おいしそうに焼かれた豚足
P1000502.jpg
魚介系の一杯飲み屋でしょうか
P1000503.jpg
肉まん、ギョウザ、しゅうまいなど点心屋台ですね
P1000504.jpg
ここは焼き鳥、ホルモン系の一杯飲み屋屋台ですね。

P1000505.jpg
ナッツ類
P1000506.jpg
丸鳥
P1000507.jpg
香辛料
P1000508.jpg
ここで夕食。

プルコギです。

醤油・砂糖・蜂蜜・清酒・ごま油などの調味料と、おろしたニンニクやショウガ、さらにナシやリンゴなどもおろ

して加えてよく混ぜたヤンニョムに、薄切り肉(牛ロース、ヒレなど)を漬けてあります。

漬けた肉は玉ねぎ・長ねぎ・きのこ・春雨などと共に焼いて、あるいは煮て、好みによってはサンチュなどに包ん

で食べました。

写真は4人前です。ヴォリュームがありすぎて4人で食べても余ってしまいました。

P1000509.jpg

駐車違反の取り締まり、カッコイイ白バイ
P1000510.jpg
ここから明洞へ帰り、予定にはなかった自由行動3時間。ありがたい。
P1000511.jpg

P1000512.jpg
食べたものは栄養を吸収された後、対外へ排出されるのが

動物のシステムであります。

そのシステムが正常に機能し、さて排出場所を探しセブンイレブンへ。

ありません。

探し歩いてもなかなかありません。だんだん脂汗がでてきました。

とあるファッションビルを見つけ、ここなるあるやろ、と店員の女性に尋ねると

ジャスチャーで✖をされました。ないってことです。

激ヤバになってきました。

歩きながら、呼び込みの女性に尋ねると、そこの角を曲がったところとジェスチャーで

教えてもらい。

ほっと安堵して向かったのがここでした。

通路までは良かった。

左へ折れるとトイレがありまして

イザとはいったのでありますが

目に入ってきたのは

高さ1m、長さ40cm、幅30cmのプラスティック製の箱

なかにはウンのついた紙が沢山放り込まれておりまして(汗)

ここで、ようやく9年前を思い出したのであります。

公衆トイレは有料と無料があって、無料は紙がない。

しかもパイプ詰まり回避のため?紙を流さないのです。

前述の容器に入れるのでありますが、そういう習慣がないもので

何かなじめませんね。

汝、神(カミ)に見放されし者、自らの手で運(ウン)を掴め

そんなこと言ってる場合じゃありません。

引き返している途中に、ビルのガードマンのオジサンが座っているのが見え

紙もってらっしゃらないか?とジャスチャーと尋ねると

なにやら、ごそごそ足元の方を探っておられましたが

取り出されたのが、ロールペーパーで、それをグルグル巻にして

切り渡してくれました。

思わず「カムサハムニダー!!」


P1000513.jpg

後で明洞地区の地図で確認しましたが、公衆トイレは有料が2箇所、無料が2箇所でした。

行かれる方はくれぐれも、「神(カミ)と共に行け!!」



P1000514.jpg

P1000515.jpg

イルミネーション
P1000516.jpg

なんだかんだで、2日めも無事終了。

朝6:40にバスに乗り、ホテル到着は23:00

歩いた距離も相当だったです。



≪PREV | | NEXT≫

プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード