干物

DSC02112.jpg

2枚のレンコダイ

背開きで干物

水分が飛んで旨みが凝縮

頭が旨い
スポンサーサイト

干物

12月10日に熱燻製したアジが冷蔵庫に20尾眠っていたので、引きずり出して寒風に2日間晒してみました。
DSC_0284_20101229025848.jpg

カランカランに乾いちょーます。

乾燥セロリ粉末&ブラックペッパー仕様ですね。

2尾で350mlビール1本です。ちょうど、え塩梅で。

鯵ヒラキ

DSC_0257.jpg


先週、隠岐中村で釣り上げた鯵の内、小型をヒラキで干していました。

少々、干し過ぎの感があり、ご飯より酒に合いそうです。

よって、吾輩としては極めて珍しく、日本酒を温燗にして、今飲っているわけで。

香ばしい鯵のヒラキは塩加減も塩梅良しで、うーん「まいなあ」



干物2

先だって釣り上げたメバル18cmシリーズの干物が完成だ。レシピだ。塩分濃度18%~20%の塩水を作る。その中へ背割し内臓とエラと血を取り除いたメバルを浸漬させる。時間は書籍によると25分などと記述があるが、塩干モノ塩辛くなくてはダメダメ人間の吾輩はセオリーを無視して12時間浸漬だ。そいつを寒風に晒すこと12時間、さらに室内で12時間干し上げるとこうなる。逕サ蜒・602_convert_20090217002334干物3
こいつを火で炙って焼酎をやれば極楽だ。にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村

少し大きい文字風が強く釣りができるような状態ではなく残念。090211焼いた干物1
090211焼いた干物2
先だって釣りあげ、干物にしておいた「レンコダイ」と「カサゴ」を焼いて食してみた。レンコ→上品で淡白な味わいと塩気が相まってとてもおいしい。カサゴ→カサゴの干物など今まで見たことも、食したこともないのだが、今回思いつきで作ってみた。まずは頭の少々硬い部分、歯で噛み割ると煎餅のような感触と同時に磯の香りが鼻に抜けて何とも驚く。身の部分はレンコよりしっかりした歯ごたえと淡白なれども旨みがあり、おいしい!!煮つけもおいしいが、干物のほうがうまい。写真はないが、カサゴの味噌汁→文句なくおいしい!!にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村

| NEXT≫

プロフィール

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部と隠岐を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード