FC2ブログ

総料理長の釣果およびレポート

総料理長から真鯛の写真がきたのでご登場願う。62cm彼の自己記録更新だ。めでたい。邱乗侭逅・聞逵滄ッ媽convert_20090526210414
彼のレポートから抜粋だ。
大潮・南西の風・べた凪・曇り・・・。全て好条件は揃っていた。こんな日はめったにない。
料理にしても、釣果にしても、私にとって忘れられない華やかな釣行となった。
ただただ、海の恵みに感謝、そしてタイ釣り道場:jyo-師範に感謝・感謝だった。
16時頃になってから潮が動かなくなって、釣れる気配が無くなってきた。誰のウキも動かない。
17時になってもその状況は変わらず、私とjyo-師範は遠投サビキ仕掛けを準備しようとしていた。
南側先端にいるナルシエニビッチクンが私の様子を見にきた。二人で”釣れる雰囲気が無いっすね。”と話をしていた。すると、私の竿が横に引っ張られた。最初に気づいたナルシエニビッチクンがとっさに竿を持ってぐ~っと立てて合わせてくれた。竿がくの字に曲がったままだ。緊張が走った!すぐさま自分が竿を受け取って竿で大きさを感じ取った。これは大きい!と思った。しかしマダイ特有の首振りが
無いまま、ただ重たい何かを慎重に引き寄せていくだけだった。ハリスと鈎を取り換えたばかり
だったので切れない安心感はあった。傍に集まったみんなが”サメじゃね~?”と冷やかす。
ようやくウキが浮いてきて、海の底から白いデカい魚影が浮かび上がった。「俺がすくっちゃ~わ。」
ジョー師範が横で構える。タモに入ってきたのは62cmメスのマダイだった。”いえ~い!”
思わずナルシエニビッチクンとイサオクンとがっちり握手して喜んでしまった。マダイでは自己最高記録更新だ!
「相棒がいるぞ。」ということで、他の4人は一目散に自分の釣り場に帰って竿を振り直した。
私がマダイを生き絞めして血抜きしてクーラーに収めたくらいの時だった。「来ました~!」
南の先端から声が聞こえる。成瀬くんの4.5号竿がしっかりシナッている。「来たか~!!」
ジョー師範が続けてタモ入れ準備に入る。 ”おい。っか、さっきのより もたいがな~。”
お見事!65cmのお腹ボッテリのマダイだった。オスと見た。やはり夫婦だったのだろうか。
実は、私と成瀬くんは、事前に上代師範から自作天秤(ジョースペシャル)を購入させていただいていた。クッションゴム付きのワイヤー天秤で、長さのバランスがかなり良くてカゴの付け替えも簡単、投げてみるとトラブルはほとんど皆無である。1個400円+手間賃(コーヒー1杯程度)である。
また、釣りに同行する度にいろいろタイ釣りの極意を教わり、細かなところではあるが効果があるテクニックをかなりご指導いただいていた。 以下、ジョー師範のボヤキ語録である。
①『おらの作った仕掛けで おまえやつが釣れただけんの~。仕掛けがえーけん釣れたんだわや。』
②『今までは(天秤:ジョースペシャル)400円で作ってやったけど、次回からは5000円にすーかな。』
③『やっぱり○●と××のもんだで!おらが教えてやっただけんの。おまえらにの。』
④『これからマダイ釣り道場を開かな~。天秤買ってごしたら塾生にしてや~わ。』
⑤『いや~、今日はすくわせていただきますたわ~』
⑥『今日は大鯛をすくいに来たやなもんだったわ。』
⑦『あ~あ、みんな、おらの仕掛けで釣っとやなもんだがの~。やっぱ、釣れたのは仕掛けだで。おらの仕掛け!』
このボヤキ①~⑦が延々と繰り返されるのである。その度にみんなから笑われる。”またボヤキが始まったわ。”当の本人はニコニコしている。
しかしどんなにボヤかれようとも、ジョー師範から教わったタイ釣りの教えはやはり本物だということを、私とナルシエニビッチクン、イサオ君は実感させられた。
本当に感謝・感謝である。釣りは、上手な人から教わり、上手な人から盗まなければならないのだが、なかなか釣れる人から全てを聞き出すことはできない。というか、全てを教えてくれる人が珍しいくらいだ。ジョー師範はボヤキは多いが、20年かかって経験・実証してきたノウハウを惜しみなく
我々に伝授しご指導いただける。本当に素晴らしいと思う。

スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード