FC2ブログ

越前クラゲ

そういえば、昨日松江への道中にて総料理長がこんなことを教えてくれた。
越前クラゲは中国沿海部で生まれる。本来はこの地で幼生時にイワシに大半が捕食されてきたのだが、いかんせんイワシの捕獲しすぎで天敵が減り、かのクラゲが繁栄してきたというのだ。
ちょっこし調べてみますた。
Wikipediaよりの抜粋
大量発生の原因として、産卵地である黄海沿岸の開発進行による富栄養化、地球温暖化による海水温上昇、日本近海の沿岸開発による自然海岸の喪失でクラゲに適した環境になった。などの説が挙げられている。特に三峡ダムなどの開発が原因ではないかという仮説が立てられており、国立環境研究所などが検証を始めている[5]。また、魚類の乱獲によって動物性プランクトンがあまってしまい、それを餌とするエチゼンクラゲが大量発生、さらにはエチゼンクラゲの高密度個体群によって魚の卵や稚魚が食害されて、さらに魚類が減るという悪循環のメカニズムになっているのではないかとの指摘がある[6]。 いずれも仮説の域を出ておらず、今後の研究の進展が待たれる。
最近の研究で天敵としてアジやカワハギがあげられる。特にカワハギは集団でエチゼンクラゲを襲うことが判明し、石川県のカワハギ漁の漁師がエチゼンクラゲをカワハギ漁の餌として実験して効果が確認されている。
まあ大量発生の原因は定かではないようだ。
底引き船でのワイヤー切断が今年の対策のようだが、どれだけの効果があるのだろうか?

スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード