FC2ブログ

カツメシ

盆は女房殿の実家、兵庫県加古川へいってきた。この地で最近といっても数年前からだが名物「カツメシ」にはまっている。実は昔からあるのだそうだが、吾輩は数年前まで全然知らなかったのだ。
カツメシとは、以下
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から
800PX-+1_convert_20090819220236.jpg
ビフカツとご飯を一緒にして「箸で食べられる洋食」をコンセプトに創作された。1953年頃加古川市内にあった「いろは食堂(現存せず)」が最初に出したといわれる。

コンセプトにあるように、加古川出身者がかつめしをスプーンで食べることは少なく、箸で食べることが一般的である。

手軽に食べられることから加古川市内の食堂や喫茶店に広まり、地域の名物料理となった。加古川市中心部の老舗が後継者不足等で閉店し伝統の味が失われた例もあるが、その一方で郊外に新しい店がオープンするなど親しまれている味である。

カツが主体であり、分厚いカツに「とんかつソース」系の黒色に近いたれが少量掛かっている「カツ乗せ飯」と呼ぶべきものから、たれが主体であり、薄切りのカツに上にタマネギなどが煮込まれたドミグラスソース系の赤褐色のたれが大量に掛かっている「カツハヤシライス」と呼ぶべきものまで、味の甘辛も含めて店ごとに多様なバリエーションが存在する(写真のかつめしは前者に近い)。
加古川市内の食品会社やオタフクソースなどから、かつめしのたれが市販されている。一時はコンビニエンスストアのご当地メニューとして登場したこともあるが、あまり他地区に広まることはなかった。
新神戸駅・三ノ宮駅など兵庫県内のJRの駅では、「淡路屋」の調製による当料理をアレンジした駅弁「タイガース勝めし」が1000円で販売されている。
高砂市・稲美町など加古川に近い市町では「かつめし」をメニューに載せる店が多いが、同じ旧播磨国でも文化圏の異なる姫路市などでは「かつめし」を出す店は少数である。このように極端にエリアの狭い郷土料理である。

パラーディオ/ラッキー食堂/りんどうの3軒に吾輩はいったことがある。
スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード