FC2ブログ

スルメイカの塩辛 レシピ

レシピのリクエストがございましたので、はなはだ恐縮ですが
書きます。

実は今朝勤務明けに、眼鏡を新調したので受け取りにいったのですが
加工調整で1時間待つことに、その間生鮮売り場へいくと、なんとスルメイカの
特大が1ハイ98円ですわあ。おとといは200円だったのに、
まいりました。なんか損したような気がして2ハイ買いますた。
なんというか無駄な買い物なんですが、微妙な消費者心理ですなぁ。

さておき、レシピです。
①ゲソの部分を持って胴体から、軟骨との接合部を丁寧に外し
 ながら抜くと内臓も一緒に外れてくる。
②肝の薄皮に傷がつかないように丁寧にゲソからはずす。
 すると、こうなります。
逕サ蜒・1706_convert_20100220123822
これが肝です。塩辛のおいしさのキモになります。ふふふ
③この肝に全方向から塩をドバーッとかけます。
逕サ蜒・1707_convert_20100220123912
④これをサランラップで包み24時間冷蔵庫で保管します。
⑤殺菌した容器に④の塩を落とした肝の中身だけをしごいていれます。
⑥開いて屋外の陰干しで3昼夜乾かした胴体を適当にカットして投入します。
 肝の量よりかなり少なめが良いでしょう。
 2ハイ分だと肝は4ハイ~5ハイ分が必要だと思います。
この陰干しがこの塩からのキモ(ポイント)です。
イカの本体から如何に水分を抜くかが勝負の分かれ目。
野菜の漬けものと同じですな。
⑦毎日かき回して3日後くらいからOK。
発酵が進むとさらにおいしくなーますよ。

③以降で面倒な場合は、下記でも問題ナス。

肝をしごいて容器に入れ、塩をダバといれる。
かき回しながら味をみるとよろしかろう。
頃合いの塩加減になったらさらにかき回す。
そのまま容器を密封し、冷蔵庫にいれて
イカ胴体ヒラキが乾燥してくる日まで
ジッとガマンして待つ。
乾いたらカットして容器に入れて、かき回し、3日後
にささやかな幸福がきっと訪れるに違いない。
FC2 Blog Ranking

上のボタンを押したってな
スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード