FC2ブログ

アタリに関する考察

「アタリ」に関してコメントを頂きましたので、ちょっこし考えてみました。

メバルの捕食行動をみていると、まずストラクチャに近接しながら上方向き45度でホバリング。
上方にベイトを発見するやいなや、鋭い泳力で一気に上層まで到達し、口蓋を開き海水をエラから吐出しながら激しい水流を生じさせ一瞬で捕食。即反転し元の位置に戻る。
このときのアタリが「ドン!」。
スズキと同じような捕食パターンのように感じます。
このときのフッキング位置は、ほとんどが上顎です。
良く分からないのが「モソアタリ」ですね。
仮説として2通り考えてみました。
①活性の低い魚はワームなどの疑似餌を平行かつ一定の距離で追尾してきます。
ほとんど捕食まで至らない場合が多いように思いますが、たまたま捕食した場合は、反転せず、そのままの進路で泳ぎ、離れていくときのアタリがモソーと感じる。
②中層域や低層域で捕食した場合は、反転する下部の空間が狭いこともあり魚は動く必要性がない。
フリーフォール中の中層で魚が食っているのに、気付かずリトリーブを開始した時モソーとしたアタリがでそうですね。しかもフッキング位置は下顎になる可能性が極めて高くなりそう。
低層でも同じことが言えそうです。
磯釣りの経験上、仕掛けが魚の遊泳層より深い場合は下顎にフッキングすることが多いようです。
下顎にフッキングしたときは、更に上層をリトリーブするように心がけています。

みなさんのお考えを聞かせていただけたら幸いです。
スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード