FC2ブログ

鹿

満潮が10:56なので、五十猛まで帰っている場合ではなさそう。
部族から近い鵜戸の大崎鼻を目指した。
港を海沿いに歩いてポイントへ向かう途中、前方に柵ができている。
鵜戸大崎鼻4
近寄ると、
鵜戸大崎鼻3
どうも鹿対策のようだ。
過去13年間こんなものは無かったが、よほど地域の人達が困った挙句の策なんだろう。
この小さな集落のロケーションは、前が日本海で、左右および背後に半島西部の弥山(み・せん)山地の山々が迫る。
その谷あいの一角が集落だ。ここに限定して柵をつくっても効果はすくなそうだなあと思いながら視線を左へ移していくと延々と延びているではないか。帰宅後調べるとシカ被害が甚大なため1億円以上を費やして防護柵を設置したようだ。弥山(み・せん)山地の鹿生息数は約500頭で徐々に増加しているとのことだ。生息数を180頭にしていくのが行政の目標になっており、年間捕獲頭数を500頭に設定しているようだ。
門をくぐり先端を目指すとすでに先客4名あり。
最初は湾側でやっていたがアタリがないので外海側へ、先端の左へ移動。
結局11:30までやってあたりなし。
鵜戸大崎鼻1
来るときは気がつかなかったが、帰り際にシカの骨を見つけた。
鵜戸大崎鼻2
若い雄のようだ。上を見上げると10m以上の絶壁だ。
上から落ち絶命したもうようだ。辺りには骨が散乱している。
運動能力の高い鹿でも落ちることがあるのだな。
南無阿弥陀仏
読んでいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking


本日、鹿ではじまり鹿で締めくくる結果です。
スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード