FC2ブログ

予約顛末

1月26日のことです。長崎平戸のジギング船に予約を入れました。予約日は3月中旬です。
電話に出られたのは船長さんで「島根のサビキさんですねえ。わかりましたあ、予約日の前日に電話くださーい。」
2月3日のことです。平戸の宿を予約しました。出られたのは年配の女性のかたでした。
予約日は3月中旬です。釣り客なのもので当日天候が悪化したらキャンセルになりますが・・・とお聞きすると「あー釣りの方ね、よかとよー。」ということでした。

1ヶ月後のある日、じゃじゃ丸さんが折角なので2日間釣りやりましょうという意見がでて、次の日にジギング船長に電話すると。
「ヤー、サビキさん電話を待っとったばい。」
「え、なんでしょう」
「サビキさんの予約入れられた日は、私が船上で受けたもんで、帰ってみたら予約でいっぱいでね。電話番号もわからんしこまっとったばいね。ほんなこつ申し訳なかー。」
「ひぇー、そんなあ。ところで前日は空いてますか?連戦で電話させていただいてるんですが。」
「ああそうね、前日ねぇ。前日はマルッポ空いとっとよ。」
「ああ、それでは、前日予約します。次の日も何とかお願いしますわぁ。」
「ばってん、キャンセル待ちになるとよ」

次は宿の手配を追加ということで電話しました。
「もしもし、島根のサビキと申しますが3月中旬に予約しています・・・・」
「はい、えーっと、サビキさん、そん人は名前が書いてなかとよ。」
「ひぇー、2月3日に予約してるんですが、あの一泊2食で1食は弁当で〇〇円だとお聞きしましたよ。そうですね。」
「確かにそうです。ばってん書いてなかとよ。」
「ひぇー、わかりました、空いていますか?」
「えっと、空いていますよ。」
「それでは3名で予約しますのでよろしくお願いします。」

2時間後もう一度電話して確認ばしておいたとよー。
じゃじゃ丸さんの日程変更要請がなければどうなっとっとーー;
平戸の予約は電話での会話になるので印象深く鮮明に相手側の記憶に残るようにしないといけないようですわァ。
今後もしょっちゅう電話せんといけんばい!!

前哨戦でさえ、このような出来事があるので、さぞかし当日は晴天になることでしょう!!
スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード