FC2ブログ

巡礼

頻繁に釣りで訪れる半島西部。

小伊津周辺で見られるタービタイド(砂岩泥岩交互層)の奇景周辺で、釣り糸を垂らす昨今である。

明け方に奇景を眺め、良い潮香の中での釣りは、誠に贅沢な時間だ。

漁があってもなくても帰路は満足。

海の佇まいがよろしい。

漁村の佇まいがよろしい。

この地を大変気に入っている。

もっと勉強してみようと思い立ち。

まずは、人々の生活の記録ともいえる過去の災害発生の記録を探してみた。

すると松江周辺の自然災害をまとめられているのを見つけフムフムと読んでいると
地震津波関係は
天慶3年(940)年12月 秋鹿郡久呂島沈没・・・地震で沈んだんだろうか?

宝永4年(1707)10月4日 大地震 出雲平野で大被害 倒壊130戸 害穀20000余石

享保18年(1733)8月11日 出雲地方大地震が発生

元文元年(1736) 津波 海浜被害甚大

寛延元年(1748)5月23日 出雲地方で地震

安政元年(1854)11月4~5日 大地震(安政の大地震)
明治37年(1904)6月6日 宍道湖周辺に強震
大正3年(1914)5月23日 出雲東部地方で強震

大正14年(1925)7月4日 美保湾に地震、松江弱震

昭和52年(1977)5月2日 三瓶山で地震

昭和53年(1978)6月4日 北三瓶地震(M5.75)発生。松江と浜田で震度3

昭和58年(1983)5月26日 日本海中部地震による津波

平成3年(1991)8月28日 中国地方で地震。松江で震度4

平成9年(1997)6月25日 島根・山口県境で地震。益田で震度5,松江で震度4

平成12年(2000)10月6日 鳥取県西部地震


海浜被害甚大とあるのでここら辺でも津波の被害がやはり過去にあるんですねえ。

変わったところでは
天慶4年(941)年1月 島根 楯縫郡に大氷塊漂着

どうもタテヌイグンと読めそうではあるが、はてどこのこと?

調べるとタテヌイノコオリだそうだ。


以下引用
「楯縫郡は出雲市の旧平田市の大部分(伊野地区を除く)に当たります。郷が4つ、里(こざと)が各郷に3つずつ(計12)ありました。秋鹿郡同様、出雲国でもっとも小さな郡です。
 「楯縫(たてぬい)」の名は、「天御鳥命(あめのみとりのみこと)」が出雲大社の飾り用祭器として楯を作り始めたことからつけられました。風土記の時代にも、楯や矛をつくって皇神たちに献上していた、と書かれています。」
楯縫郷(たてぬ いのこおり) 出雲市多久、岡田、布崎、小伊津塩津各町一帯

大氷塊は北極海からきたんでしょうかねえ?さぞかし見ものであったであろう。


こんなのもあった、

長元2年(1029)年7月8日 出雲国飯石郡須佐郷牧田村で降雪。

旧暦だろうから、今でいえば盛夏に降雪ということ、へえ!×3

元和元年(1615) 年末寒波 宍道湖一面凍結,厚さ1尺。翌年正月 氷割れる。

元禄15年(1702)8月29~閏8.3 大 風 雨 宍道湖1丈2尺(3.6m)増 水平地浸水5~8 尺溺死50人家屋4157流失  害穀84294石 堤防等破壊80000歩
元禄16年(1703)8月15日大風雨宍道湖 5 ~ 6 尺(1.8m) 増 水 地上浸水3尺家屋 203 軒 流失

正徳2年(1712)1月5日 出雲地方 大雪 郷の積雪8尺余(2.4m)(山中1丈4尺~5尺(4.5m)) 牛馬500頭凍死

災害表を見ていくと、島根は飢饉と水害と大風のオンパレードである。

ちなみに、現在の島根半島が出雲風土記では以下のようにマッピングされていた様子。

半島東部→嶋根郡(しまねのこおり)、秋鹿郡(あいかのこおり)
半島西部→楯縫郡(たてぬいのこおり)、出雲郡(いずものこおり)

で今度は
 
島根県のHPを眺めていたら、神話、風土記など、色々あって。

たどり着いたのが「島根半島四十二浦巡礼」というところ。

四国巡礼などは聞いたことはあるが、島根にあったとはこの歳になるまで知らなかった。

まったく、死ぬまで勉強であーます。


以下引用
東西に65㎞の島根半島には42の浦があり、それぞれに神を祭る社があります。
昔、島根半島には浦々で潮を汲みながら神社を巡礼する風習があったそうです。
巡礼の最後には一畑薬師に汲み集めた潮を奉納したそうです。

西から東へ向かって順に
1.日御碕 日御碕分港 日御碕神社
2.宇龍浦 宇龍港    熊野神社
3.鷺浦  鷺浦港     伊奈西波岐神社
4.鵜峠浦 鵜峠港    大宮神社
5.猪目浦 猪目港    大歳神社
6.河下浦 河下港    意保美神社
7.小津浦 小津港    許豆神社
8.十六島浦 十六島港 許豆神社(十六島稲荷神社)
9.釜浦  釜浦港     石上神社
10.塩津浦 塩津港   石上神社
11.唯浦   唯浦港   田田神社
12.三津浦 三津港   御津神社
13.小伊津浦 小伊津港 三社神社
14.赤浦   ---      地蔵尊
15.坂浦   坂浦港   鞆前神社
16.伊野浦 伊野港   狭槌神社
17.魚瀬浦 魚瀬港   八神神社
18.古浦  古浦港    天満宮
19.江角浦 恵曇港   恵曇神社
20.手結浦 手結港   津上神社
21.片句浦 片句港   八幡宮
22.御津浦 御津港   御津神社
23.大芦浦 大芦港   大埼川辺神社
24.加賀浦 加賀港   加賀神社
25.野波浦 野波港   日御碕神社
26.小波浦 小波港   奴奈彌神社
27.多古浦 多古港   八幡宮
28.沖泊浦 沖泊港   津上神社
29.瀬崎浦 瀬崎港   日御碕神社
30.野井浦 野井港   爾佐加志能為神社
31.笠浦   笠浦港  日御碕神社  
32.千酌浦 千酌港   爾佐神社
33.北浦   稲積港   伊奈頭美神社
34.菅浦   菅浦港   須義神社
35.片江浦 片江港   方結神社
36.笹子浦 笹子港   玉結神社
37.惣津浦 惣津港   明島神社
38.七類浦 七類港   質留比神社
39.諸喰浦 諸喰港   奢母智神社
40.雲津浦 雲津港   諏訪神社
41.美保関 美保関港 美保神社
42.福浦  福浦港   三保神社

いやー長くなってしまった。
吾輩の通う半島西部は1の日御碕から15の坂浦の間である。

今までの釣り経験上訪れたことのある浦は
美保関、七類、菅浦、稲積、大芦、片句、手結、恵曇、古浦

都合24浦は行ったことがあるわけだ。

出雲国四十二浦釣り歩きということで残りの18浦を2年で訪れることにしよう。


11年1月1日以降の釣行日数及び回数
釣行日数77日 釣行回数99回

ブログランキングへ登録しています。
o0640048011201674516_20110503015621.jpg


今宵も師匠といってきましたが、やはりヨタ波が強いし、ちょうど潮どまりでパットしませんでした。
アタリガ皆無なので残業しましたが、そのうち海藻が集まりだし掃除人と化してしまったので3:40で退散でした。うーん、深夜帯でのアタリは本日もナシ。
こう、アタリから遠ざかると退屈ですなあ。
↓↓↓ポチッ!ありがとうございます。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード