FC2ブログ

時の移り変わり

友人達と再会合流後3人で、阪急電車で西宮北口までむかった。

特急電車に乗車した。

当時は三宮から西宮北口まで

ノンストップだったような記憶だが

岡本、夙川でも停車するようになっていた。

阪急西宮北口駅は、実に35年ぶりである。

記憶のかなたの中にある駅構内の様子を見出そう

としたが、欠片も残っていなかった。

ここは、当時阪急神戸線と阪急今津線が水平交差していた実に

ユニークな駅だったのだが。

今津線が分断され、水平交差はなくなっていた。

北側の宝塚駅 - 西宮北口駅間を今津(北)線

南側の西宮北口駅 - 今津駅間を今津(南)線と呼ぶようだ。

西宮北口は現在阪急百貨店とその他商業施設を合体させた巨大ショッピングモール

と化していた。

浦島太郎状態である。

阪急今津北線で甲東園まで行った。

P1000789.jpg

駅は昔とそれほど変わってはいなかった。

ここから徒歩でダラダラ坂を15分歩くと

P1000792.jpg

誠に久しぶりの当時見慣れた景色である。

P1000791.jpg

多感な時期を供に過ごした

友人たちを記念撮影でパチリ

お互い年を取ったものである。

しかし元気でなによりだ。

学内から下宿があった六番町まで行ってみた。

当時多数あった青い瓦の下宿

喫茶店、雑貨屋、銭湯、たくさんあった食堂など

なにもなかった。

普通の住宅街になっていた。

だが

一軒だけ曲がり角のお好み焼き屋

老夫婦が営んでいた

毎日食べていた野菜焼き、秋刀魚の開き、豆腐の味噌汁

「かぶとや」とペンキで書かれた

今は無人の店が残っていた。

今まで忘れ去っていた記憶の引き出しが

一気に開放され、押し寄せる思い出の波。

時の移り変わりを感じた次第だ。

雨中を徒歩で甲東園駅まで、電車で三宮へ。

DSC_8409.jpg

三宮の街を

歩き、食し、飲み、歌い、語らい、笑い

夜は更けていったのである。

仕上げは路地裏の怪しげな中華料理店で

P1000798.jpg
(壁には大腸のから揚げ、胃袋のから揚げ、子袋のから揚げなど

錚々たるメニューである)

片言の日本語を操る店主がつくった

中華めん

P1000801.jpg
これが絶品であった。500円也


歩行距離27000歩!!

「生まれてきたのは偶然

生きていくのは苦痛

かといって死ぬのは厄介」

次回は松江で開催だな、友よ







スポンサーサイト



プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード