サラメシ2

IMG_0142.jpg
魚の炊き込みご飯であります。

魚はコレと


P1030385.jpg

コレを使いました。

P1030390.jpg
名づけて、鯛福メシであります。

なんか、商売になりそうな名前でありますが。(笑)


魚は塩焼きにしたものを炊飯器に入れて

昆布、酒、出汁醤油少々、水で炊き込めば

出来上がりであります。

親カニのメシもうまかったですが

これも、ほんなこつうまかとです。


ちなみにコレですが

P1030390.jpg

シロサバフグという名前です。

カナトフグとかキンフグなどと呼ばれることもあります。

正肉、皮、白子は無毒だと書いてあります。

ところが最近、コレによく似た

ドクサバフグが日本海にも出没しているということです。

これの特徴は

「体の背腹両面に小棘(しょうきょく)があり、背面の小棘は背びれの起部に達する。

尾びれはやや深く湾入する。

体の背側は暗褐色で腹側は銀白色。

体長は35センチに達する。

皮膚、肝臓、卵巣、腸のほか、肉にも強毒がある。

無毒のシロサバフグに一見似ているため、間違って食べ、中毒事件の原因となることがある。」

ドクサバフグは肉も強毒なので、とても厄介です。

誤って食べるとあの世行きの可能性があります。

従って、吾輩シロサバフグとドクサバフグの違いの2つの特徴を

十分見極めてから料理にはいるのであります。

その1

ドクサバフグは体の背腹両面に小棘(しょうきょく)があり、背面の小棘は背びれの起部に達する。

今回釣り上げた魚は


P1030392.jpg

観察の結果、トゲトゲが頭部のちょい後方までしかなく、背びれまで到達

していないので、第一関門突破!

その2

ドクサバフグの尾びれはやや深く湾入する。

今回釣り上げた魚は

P1030393.jpg

まったく湾入していませんので第二関門突破!!

晴れてシロサバフグということが判明した次第でありました。


2012年1月1日→8月28日までで

釣行日数143日
釣行回数180回
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部と隠岐を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード