FC2ブログ

発掘

逕サ蜒・954_convert_20090517214846
吾輩の自宅の隣、空き地なのだ。持ち主が都会におられ誰も手入れする人がいない。自然の脅威「草」の繁茂。すさまじい。身の丈ほどに成長する。誰も手入れしないので、やむなく吾輩がすることになる。吾輩の土地ではない。昨年夏、地主が帰省していて偶然話をする機会があった。
吾輩が手入れをしていることを誰かから聞かれたようで謝辞があった。その上で「駐車場」として使っていただければ幸い、などとおっしゃるものだから、お言葉に甘え使わせてもらっている次第だ。ところでこの空地のど真ん中に「甕」が埋めてあるのだ。大きさはひと抱え以上ある代物で、とんでもなく大きい。昔の畑仕事用に雨水を溜めておくのが目的だな。
水が実際溜まっているので毎年「薮蚊」に悩まされるのだ。そこで昨年の12月から思いついてはこの甕(カメ)の発掘作業を行っている。釣りに行けない時の趣味になっている。写真は本日までの発掘状況だ。今回で6回目だな。予測だが残り4回で完了予定だ。発掘終了後は「メダカ」の飼育カメとして活用予定だ。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

DAIKOKU : 2009/05/17 (日) 22:30:27

お宝鑑定団にだして、そのあとは水琴窟どーすか?

さびき隊長 : 2009/05/18 (月) 00:26:52

この甕は江戸時代末期の由緒ある甕で・・・・・・・
そんな訳なす、釉薬なしの素焼きの甕だな。
蓮の栽培も考えとります。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード