波長の謎

DSC02531.jpg

材質はタングステンということになっているが事実かどうか?

ウィキによると

「狩猟用の散弾銃の鉛弾や、鉛の釣りのおもり(シンカー)に代わる代替品としても注目されているが、コストや加工などの問題から普及は進んでいない。」

なんて書いてあるので

本物??を眺めながら不思議に思う

ほんまかいなあ

試しに電子計量器で計測してみましたが

TGベイトは120gジャスト

紅い方は101gでした

ちなみに表示はTGが120で紅いほうが100です

鉛の約1.7倍の比重があるようなので

同体積の鉛を用意すれば100%かどうかわかりそうですが

まあ、日本製なので?よしとしましょう

ところでこのタングステン製のJIGですが

マッチザベイトという観点で、海底付近でのベイトが小さい時

沈降力から鉛製に比べワンサイズ小型化が可能というアドバンテージ

があるというのは理解できますが

色という点では

何故か緑金、赤金に評価が偏っています

鉛製では鉄板色はないような気がします

でもタングステン製は販売会社が異なれど

何故か緑金か赤金かなんですよね

ネットでも、クチコミでもです

どうしてそうなっているんでしょうね

販売側の意図なのか

それとも本当に魚が好む波長なのか

謎ですねえ












2015年 1月1日から2月18日まで(残釣り可能日315日)



釣行日数 23日

釣行回数 30回
スポンサーサイト

この記事へのコメント

DAIKOKU : 2015/02/20 (金) 21:27:21

折角なので、色剥いで
ためしてみませんか?
タングステン色って
どうよ。

さびき隊長 : 2015/02/20 (金) 23:41:50

はいな、そこんとこ何色っていうこと
鉛のよう色だべきっと
レアメタルらしいし
それを釣り道具になんて罰当たりつうか

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部と隠岐を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード