色は匂えど

魚の視覚というのは、釣りをする人にとっては

興味深い分野ですね

水の中で色がどんな風に見えているのか

を写真で実際に撮影されたのがありましたので

参考までに

http://seafloor-control.com/html/report.html

こんな視点もいいのですが

熊野灘のサンマ丸干をしみじみと眺めていましたところ

ハタ と思いました

サンマの背中側は濃青です

腹側がシルバーです

鯖は、鰯は、鯵は、ワカナは、ヒラマサは、サヨリは・・・・・

なんて考えていたら

背中は青緑系で

腹はシルバー系

一部鯵でゴールド系がありはしますがね

なぜ背中は青緑系なのか?

生き残ってきたものは、それなりの理由があるわけで

保護色なんでしょうね

空中からの攻撃を避けるための青

海中、しかも下側からの攻撃を避けるためのシルバー

根魚は岩礁帯、海藻の色

キスなんかは砂色

深いところにいるタイ、ホウボー、などは黒より黒っぽくなる赤

生き残るために周囲に溶け込むような色をまとっていますが

それでも食われるんですね

それを見破る眼をもっているんですね。

従ってゴーストになれる色

快晴の時、曇天、雨、太陽の高さ

それぞれの時にゴーストに近い色

そういえば、こんな記事がありました

グローは光って目立っているのではなく

下から上を見上げている魚にとって光は空からの

明るさのゴーストになっている・・・・と

ほほお(( ̄▽ ̄))P


2015年 1月1日から3月03日まで(残釣り可能日303日)



釣行日数 27日

釣行回数 34回
スポンサーサイト

この記事へのコメント

サンドボーラー21 : 2015/03/04 (水) 21:05:43

非常に勉強になりました。。自作の釣具を作る際に適当にカラーを付けていました。赤っぽくすることもあります。ポイントの水深に合わせた釣具を作ったり、選んだりすれば、釣果に繋がる可能性ありですね。ラメも試してみます。
貴重な情報ありがとうございました。

さびき隊長 : 2015/03/04 (水) 21:23:06

寒いのにがんばっておられますね
コメントありがとうございます
色に関する専門的な記事の場所です
http://www.aoi-pharma.jp/moribjc/otaku/iro.htm

その記事の中でキス釣りに関する箇所がありました。
参考になりましたら幸いです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部と隠岐を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード