FC2ブログ

見舞い

かの鉄人が病に倒れたときき

見舞いにいってきた

左半身の麻痺が伴っていた

会話は明確で、それ故のどうにもならないもどかしさ

がにじみ出ていた

町を歩くと杖をついて不自由そうに歩く老人や

電動車いすで散歩する老人をよく見かける

私も老人である

帰り際に鉄人が

「俺みたいにならんよに、気を付けて」

人生には限りがある

最近の忘年会で、ある会社の社長さんが

「いいねえ、若い人たちは  残された時間がたくさんあって   」

人生には限りがある

前を向いて黙々と歩いていくしかない



スポンサーサイト



この記事へのコメント

DAIKOKU : 2018/12/31 (月) 21:29:05

ある人のお言葉。
「もうわしらは時間がないけん、不味いもん食べとる暇ないわ」だそうで😁
どこかの隊長さんみたいな😋

サビキ隊長 : 2019/01/01 (火) 04:43:29

たしかに

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード