FC2ブログ

情熱の牡蠣

20200112_115718180_iOS (2)

家人が所用で2日家を空けることになった2日目

ひとり身では日常生活において「飯」の比重が加速度的に増す

1日目は昨今の冷凍食品「中華丼ぶり」でしのいだが

2日目となると通常の「ごはん」が食べたくなった

新聞のチラシを眺めていると

牡蠣フライが目に留まった

おお、牡蠣いいねえ

フライかあ、ウースターソースでもタルタルでもいいねえ

うーーーんこれだなあ

夕暮れ時

スーパーへ向かった

揚げ物コーナーへ

探すが   無い!!!! 売り切れのようだ

ここをあきらめ大手スーパーへ

歩き回り探したが「唐揚げ」「コロッケ」「トンカツ」白身魚フライ」

ないなあ

おお!カキの文字があったあああ

「カキクリームコロッケ」

落胆

「おぬし、何者???」

気を取り直し 最後のとっておきスーパーへ向かった

コーナーへ行くと

「唐揚げ」「トンカツ」「肉団子」「八宝菜」・・・・無いなあ

大いなる落胆に見舞われたのだが

空腹が一段と押し寄せてきて

どうしても牡蠣フライを欲しているものだから

ここでやっと「料理すればいいのだ」と思いついた

かなり遅いか

生カキを買い求め帰宅

カキフライ料理したことは全くない

フライは小麦粉+溶き卵+パン粉くらいは知っていた

牡蠣は水分に満ちていて、どんどんドリップが垂れてくるものであるので

揚げる前に湯通しがいいのではないかと

試してみた

沸騰した湯にくぐらせた

ほお、湯は白濁した、なんか旨味が抜けたんじゃないか??

油音は中くらいで、揚げる時間は

鍋料理に投入した時の牡蠣の収縮に強烈な記憶があるので

短めでやってみた

塩+胡椒+小麦粉+溶き卵+パン粉

どうよ




白飯との相性抜群で、旨いなあ 仕合せ

カキフライ、できるようになったようだ、やったああ



スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード