FC2ブログ

タービダイト(乱泥流)

北風が強く13m、先ほどまでアラレがパラパラ降っていました。
気温は7℃、また冬へ戻った感じです。
折れたRODの交換品はまだきませんし、天候も悪いので
釣りにいけません。釣り場の写真などを眺めていると、やはり
小伊津の岩礁帯の形状が気になります。
どうするとあのような形の岩ができるのだろう?

そこで小伊津の岩礁帯について少し調べてみました。

半島西部の地面は今から2400万年-200万年前の
堆積層や火成岩によって形成されているそうです。
日御碕周辺域は火成岩が主体で、十六島(ウップルイと読みます)
や小伊津周辺は堆積岩が主体だそうです。
ということは当時ここらあたりは陸ではなかったということになりますね。

整列、傾斜した岩礁帯は正式名称が「砂岩泥岩互層」というそうです。
およそ1500万年前の水深500mの海底に南西-北東方面への
流れに乗って、堆積した砂や泥が固まり、さらに火山活動により地滑りを起こしこんな形になったようです。
それが半島の隆起にともない地表へ表出したものだそうです。

この地が太古の昔、水深500mの海底だった、その岩礁帯の
上で釣りをしている、なんとも不思議な感じがします。

ポチっと。読んでいただきありがとうございました。
FC2 Blog Ranking

島根半島の生い立ちをさらに詳しく知りたい方は、島根大学大学院 教育学研究科 成相 俊之さんのHPで
紹介されています。
http://homepage2.nifty.com/izumonotisitu/index.html
スポンサーサイト



この記事へのコメント

なべ : 2010/03/26 (金) 13:20:05

造船所前で、その「砂岩泥岩互層」の上で魚釣りをしておりますと、よくバスに乗り合わせた小学生がやってきます。「おっちゃん何が釣れる?」と子どもたちに取り巻かれた経験も・・学術的にも珍しい地形であり、課外授業として訪れ見学させられちょーすこです。それはさて置き、きっとあの切り立った形状の岩礁が海の中にも続いているわけで、そこらは魚の付き場としてうってつけの形状になっていると思われ・・丘の上の岩陰を眺めながら「ここんとこはお魚さんが身を隠すには・・」とイメージしながら竿を振っております。そこいは40cmくらいのメバルが斜め上を向いてワームを見つめております。。。(妄想)

サビキ隊長 : 2010/03/27 (土) 05:06:06

ナベチャン おせわんなーますた。
小伊津から今帰還ですわ。
雪ですた。
さぶ
はや、べたナギにならんかいなあ

なべ : 2010/03/27 (土) 07:30:02

準備バンタンですね!
月曜日、べた凪なら・・・・・ムフフ

目標達成おめでとうございます!
(前祝いでございます)

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

サビキ隊長

Author:サビキ隊長
島根半島西部から石見東部地域までの沿岸部を中心に釣道の修行中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード